スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性セシウム 広島原爆の168個分放出

福島第1原発:放出セシウム…広島原爆の168個分 




原子力保安院によると、福島原発事故で放出された放射性セシウムは広島原爆の168倍だそうです。

これだけの放射能が放出されていながら政府の対応は、むしろ、放射能汚染を小さく見せかけようとしている

ように見えます。以下、毎日新聞8月26日の記事です。





経済産業省原子力安全・保安院は26日、東京電力福島第1原発1~3号機と広島原爆から、それぞれ大気中に

放出された放射性物質の核種ごとの試算値を公表した。

セシウム137(半減期約30年)の放出量を単純比較すると、福島第1原発は広島原爆の168.5個分

に相当する。

 ◇保安院が試算

 試算値は衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会に提出された。

 原爆は「原子放射線の影響に関する国連科学委員会2000年報告」、福島第1原発は、6月に国際原子力機関

(IAEA)に提出された政府報告書の試算を基に作成された。

 セシウム137の放出量は、福島第1原発1~3号機が1万5000テラベクレル(テラは1兆)に対し、

広島原爆は89テラベクレルだった。ストロンチウム90(半減期約29年)は、福島第1原発が140テラベク

レルに対し、広島原爆が58テラベクレルで約2・4個分。

ヨウ素131(半減期約8日)は、福島第1原発が16万テラベクレル、広島原爆は6万3000テラベクレルで

約2・5個分に相当した。

 保安院の森山善範原子力災害対策監は「原子爆弾は一瞬に爆風や熱線、中性子線を放出し、破壊するもので、

単純に放出量で比較するのは合理的ではない」と述べた。【足立旬子】


毎日新聞 2011年8月26日 22時28分(最終更新 8月27日 10時52分)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

脳外科病院で大盛り食事と節電地域の夢庵にて

報道による穀類の日本の放射線許容量暫定基準値では、放射性ヨウ素:未設定 で、放射性セシウム:500 ベクレルで、ウラン:100ベクレルで、プルトニウム及び超ウラン元素 :10Bベクレルですが、「チェルノブイリ基準:40ベクレル」で危険。絶対に食べてはいけない。とでしたが、「日本基準:500ベクレル」では、ただちに、健康に影響を及ぼす値ではない。という報道で国民はマスメディアと組んだ政府に騙されている気がしてなりません。

コメントありがとうございます。

こんにちは。
おっしゃる通りで、現在の政府の言っていることは信用ができません。

第一に、放射能の年間被ばく量は 1ミリシーベルトと決まっているのに
福島原発の事故の後に、20ミリシーベルトに引き上げたことです。

これで、チェルノブイリの基準で行くと福島県全体が避難区域となるはずですが
日本政府はそこに人を住まわせています。

第2に引き上げの根拠を全く示していません。

むしろ、私たちのほうから事実を明らかにしていく必要があると思います。

またいらしてください。
プロフィール

twinkle987

Author:twinkle987
福島の事故が起こってから、原発について真剣に考えるようになりました。
マスコミの報道や東電の発表に疑問を抱いていたところ、小出裕章京大助教の明快な話に納得しました。
少しでも多くの人に伝えようと思いこのブログを始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。