FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広がるセシウム汚染

セシウム汚染が拡大していることが報じられています。
一体どこまで進むのかという不安を感じます。

まず、政府は、現在の汚染情報を正確に迅速に公開してもらいたいと思います。

風評被害を防ぐのは正確な情報だと思います。

事態の深刻さは深まる一方なのに、早期収拾のみを訴え、解決に向かっているようなことを言えばいい

というわけではありません。

以下に、毎日新聞に、9月3日、4日に書かれた記事を載せます。




東日本大震災:千葉の製茶から放射性セシウム 市が販売自粛指導 /千葉

 厚生労働省の抜き打ち検査で、千葉市内の製茶加工業者が販売した製茶から、国の暫定規制値

(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出され、千葉市保健所は3日、業者を

立ち入り調査し、安全性が確認されるまで販売自粛を指導した。

 市生活衛生課によると、製茶の生茶葉は長柄町産で、5月31日からインターネットで販売した。

在庫はなく、販売量は確認中。県安全農業推進課によると、5月24日に採取した同町の生茶葉は、

規制値内の262ベクレルで、出荷は自粛されていなかった。【斎藤有香】




セシウム汚染:野生キノコから高濃度を検出 福島・棚倉町 

福島県は3日、野生キノコの検査で、棚倉町のチチタケから1キロ当たり2万8000ベクレルの

放射性セシウムが検出されたと発表した。

国の暫定規制値(同500ベクレル)を上回り、キノコのセシウム濃度としては過去最大。

県はチチタケのほか、同町内の野生のマツタケやホウキタケなどについて、採取と販売自粛を関係団体に

要請した。

 3日に同町北山本の山林で採取した。周辺の環境放射線量は毎時0.3マイクロシーベルトと比較的低く、

隣接する塙町で採取したチチタケも109ベクレルにとどまっている。県農林水産部は「どうしてこれほど

高い値が出たのか分からない。

これから野生キノコのシーズンだが、県の検査結果が出るまでむやみに採取しないでほしい」と呼びかけている。

【関雄輔】

毎日新聞 2011年9月3日 20時49分(最終更新 9月3日 22時58分)




セシウム汚染:製茶から基準超を検出 埼玉と千葉県産 

厚生労働省は2日、埼玉県産の製茶3検体と千葉県産の製茶1検体から、国の暫定規制値

(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。

 同省の依頼を受け、国立医薬品食品衛生研究所が市販されている各自治体の製茶や卵などの

食品の抜き打ち検査を実施していた。

同省は、両県に対し同じロットの商品の流通状況などについて調査を指示した。

 厚労省によると、同研究所が5月下旬に購入していた千葉県産の製茶から規制値の5倍以上にあたる

2720ベクレル、8月上旬に購入した埼玉県産の製茶からは最大で規制値の3倍以上の800~1530

ベクレルのセシウムが検出された。【佐々木洋】

毎日新聞 2011年9月3日 1時07分





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

twinkle987

Author:twinkle987
福島の事故が起こってから、原発について真剣に考えるようになりました。
マスコミの報道や東電の発表に疑問を抱いていたところ、小出裕章京大助教の明快な話に納得しました。
少しでも多くの人に伝えようと思いこのブログを始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。