スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海洋 放射能汚染 1.5京ベクレル

海洋汚染1.5京ベクレル超=東電推定の3倍―原子力機構が試算・福島第1原発

時事通信 9月8日(木)14時33分配信



時事通信によると、汚染水流出が明らかになった 3月21日から4月20日の1か月間で放出された放射能の総量は
1.5京ベクレルであることを原子力機構が明らかにした。





 東京電力福島第1原発事故で、日本原子力研究開発機構は8日までに、汚染水の流出に加え、

大気中からの降下分などを合わせた海洋への放射能放出総量が1.5京(1京は1兆の1万倍)ベクレルを超える

との試算をまとめた。

東電は4~5月に海に流出した汚染水の放射能量を約4720兆ベクレルと推定しているが、試算はこの

3倍以上に達する。

 原子力機構の小林卓也研究副主幹(海岸工学)らは、漏えいした汚染水の影響に加え、東電が公表した

モニタリング数値などを用いて、大気中に出されたヨウ素131とセシウム137が海に降り注いだ状況を

シミュレーション。

同原発放水口付近の海水から放射性物質が初めて検出された3月21日から4月30日までの放出総量

を試算した。

 その結果、海に放出されたヨウ素131は1.14京ベクレル、セシウム137が0.36京ベクレルで、

計1.5京ベクレルとなった。

セシウム134はシミュレーションでは考慮していないことから、放出総量はこれを超えるという。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

twinkle987

Author:twinkle987
福島の事故が起こってから、原発について真剣に考えるようになりました。
マスコミの報道や東電の発表に疑問を抱いていたところ、小出裕章京大助教の明快な話に納得しました。
少しでも多くの人に伝えようと思いこのブログを始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。